2020.03.17 Tuesday

英語のリスニング(幼児・baby)

2020年度から小学校の5年生、6年生で英語が教科とされ成績がつきます。

その影響もあってたか幼児、小学生向けの英会話や英語教室案内チラシやポスターをよく見かけます。

確かに小さい時から英語を聞くのは良いと思います。

しかし何でも良いから聞かせたらOK というわけではありません。

極端な例を挙げると

4、5歳の男児がハマる??言葉「おしり、うんち、などなど」そんな言葉が含まれた文章、話を聞かせたいですか?ショック

きっと聞かせたくないと環境を変える親が多いのでは。

それと同じように英語を聞かせるにも 質と量 が大切です。

そういった意味でHokuが最初に出会った教材がパルキッズで良かったと思ってます。

何と言っても入力される語彙数がすごい。!

日本語だと周りの大人が話している言葉を子ども(赤ちゃん)も無意識に聞いています。

*子ども自身に語りかけられる言葉以外にもたくさんの言葉がある

日本人は英語を教えるとなると どこか構えているような気がします。

つまり この英単語はまだ早いのでは?今はこの英単語だけで良いだろう など

そんなことを関係なくどんどんインプットしてくれる

Hokuが小さい時はあまり感じませんでしたが、今になってこの語彙数の入力に感謝です。

児童英語研究所の資料請求は
    ↓ こちらより
Pal Kidsでお馴染みの児童英語さんHokuの英語学習教材です

今、話題の
TLCのフォニックスプログラム

全米No.1TLCフォニックスプログラム・7日間無料・子どもが日本語の絵本のように英語を読む方法


無料で7日間体験できます。


登録方法の日本語説明はこちらへ


 

| hokumama | 英語学習 | 21:13 | - | - |

Page Top

Calender

<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Archives

QR Code